設備診断

構造物から各種機械まで、あらゆるニーズに対応した高精度な設備診断技術でスポット・定期請負診断を実施

回転機械の振動診断

概要

製鉄所内の膨大な数の回転機械を診断するために開発された振動診断計や設備管理システムを用いて異常原因判定や精密診断を行い、スポット・定期請負診断など幅広くサポートします。
振動診断計・システムは、お客様のニーズに基づいて開発された機器であり、良否判定だけでなく異常部位の原因特定・余寿命判定など異常判定技術に優れています。
請負診断だけでなく振動診断計やオンラインモニタリングシステムなど各製品の機器販売も行っており、アフターサービスにも対応しています。

潤滑油・摩耗診断

概要

潤滑油診断により、劣化の前兆をとらえることができ、早期の対策、アクションが可能となります。当社では、さまざまな種類の油性状分析(動粘度、汚染度、水分)、フェログラフィ分析、グリース鉄粉濃度分析等の機械の潤滑油・摩耗診断に関する請負分析を実施するとともに、一部機器販売を行っています。

  • 油性状分析

    動粘度、汚染度(重量度、NAS等級)、水分、全酸価をJIS認定分析装置により分析します。

  • フェログラフィ分析

    油中の摩耗粉や混入異物の形状、色、表面等を顕微鏡で観察し、潤滑油の状態を分析します。

構造物の応力診断

概要

構造物や機械装置のひずみ測定を行い、機械的強度評価や設備状態評価を行います。

事例

油圧プレスシリンダロッド折損原因究明のための荷重・応力測定


診断結果

測定結果:プレス開始から終了の間に左右シリンダロッドに曲げ応力が発生
折損原因:左右シリンダーの同調不良による繰り返し曲げ荷重で疲労折損
施工管理:上盤固定ナット微調整による上盤~中盤間の左右ロッド長さ一致管理
定期管理:曲げ応力の定期測定による左右シリンダ同調異常管理

構造物のき裂診断

概要

各鋼構造物や機械設備に発生するき裂や応力などを知ることは、その設備の信頼性を評価するためには不可欠であり、過度のき裂や応力などは設備を壊してしまいます。
そのため、これらを把握することにより設備の使用限界や補修方法などの対応・改善が図れます。
フェイズドアレイUT法は設備を分解することなく軸端から超音波を照射させることで軸などの劣化状態の把握が可能です。

  • 探傷イメージ
  • 探傷画像

電動機の絶縁診断

概要

国内5ヶ所に配備した絶縁診断車で、専門工場と同じ高精度で機動力のある高圧電動機の診断をご提供いたします。継続的な診断による傾向分析を行い、突発トラブルを回避する最適なご提案が可能です。

電動機のレアショート診断

概要

絶縁不良により、巻線間でショートしている常態を放置しておくと、突発的にコイル焼損を引き起こします。巻線コイルのレアショートの有無を、インダクタンスの変化を検知することで診断します。

電動機のローターバー折損診断

概要

籠型交流電動機のローターバーが破断すると、起動不能や固定子損傷を引き起こします。そのようなバー切れの有無を運転中の電動機を解析することにより診断します。

受配電設備の劣化診断

概要

変圧器の絶縁油中ガス分析により、変圧器内部の劣化診断を行います。その後、診断結果をもとに、内部開放点検、絶縁油入替、代替品取替・更新などの補修計画を策定し、重大故障の抑止につなげます。
その他、サーモビュアーによる配電盤の熱画像診断による局部加熱、緩み診断も行います。

高圧CVケーブル劣化診断

概要

敷設から長期間経過しているCVケーブルは、劣化による故障が顕在化してきています。高圧CVケーブル事故原因の35%が、水トリー劣化に起因しています。従来の装置で困難であった未橋絡水トリーを、検出・診断します。
診断結果の蓄積によって判定基準を制定しているのは、国内でJFEだけです。

  • 未橋絡水トリー (未貫通)
  • 橋絡水トリー (貫通)

記載事項につきましては、改良のため予告なく変更する場合がありますので、予めご了承ください。

カタログダウンロード

問合せ先

開発営業部

TEL:03-3864-3849