DXのためのデータ採取~解析システム

概要

データ収集プラットフォーム DBSTAR®

DBSTAR®は当社が開発したデータ収集装置です。

多くの日本製PLC(ライン制御装置)、P/C(プロセスコンピュータ)のデータループに対応し、操業に影響を与えることなくPLC、P/C内の操業データを高速周期で収集、大量に蓄積することが可能です。

またデータベースへの高速アクセスを実現し、待ち時間を感じさせない閲覧作業が可能です。クラウド化に向けてのエッジサーバの位置付けとして活用することもできます。

[基本スペック]
  • データ収集周期:最速で数msデータの収集が可能
  • データアクセス速度:標準的なDBアクセスで一般的な商用RDB比5倍速※
  • データ収集点数:最大32,768データ/セット
  • データ保存容量:HD容量選択可(例:500点×100ms周期で6年分相当)
  • 対応機器:お問い合わせください
AIモデルサーバ

市販のAIツールを使ったリアルタイム処理技術を提供します。
例えば撮影動画中の製品、人などを特定、追跡する機能に、画像のAI学習を加えることにより、製品異常部の検出や作業者の安全管理など汎用性の高い画像判定技術を提供します。
監視員の省力化、24時間完全連続監視による管理レベルの向上など、多種多様な用途で効果を発揮します。

データ軸変換技術

通常、センサー等からの測定データはリアルタイムで送信され、「時間軸データ」として保存されます。一方、製造ラインにて搬送し各種加工、測定を行う対象物においては、個々の製品の位置と加工データや測定データを紐づけられる「操業軸データ」の方が因果関係が明確になり、データ解析のレベルが格段に向上します。

当社は、収集した時間軸データの操業軸データへの変換を実現し、例えば製品の長さ方向の位置にデータを紐づけた形でのデータ収集、保存にも対応しております。

さらに、前後工程の製品を追跡できれば、前後工程一貫した操業軸データの紐づけや、製品不良部の原因の特定、品質向上に向けた製造条件の見極めなど、従来困難だったデータ解析も可能にします。

データ解析支援技術 

当社ではJFEスチール㈱様の多くの主要プロセスにDS技術を納めており、適用事例、改善事例など多くの知見を有しております。

また統計解析、AI活用などデータサイエンティストも擁しており、データ解析のご支援も可能です。具体的なニーズがございましたら、まずはご相談ください。