安全理念・安全文化

安全理念

JFEプラントエンジ株式会社は、安全に対する共通の価値観として「ビジョン・安全方針・安全原則」を設定しています。 これは、安全を最優先するという会社のコアバリューが、いかなる場合もぶれることなく実践されるため、すべての社員の価値判断の拠り所となるものです。

そして、「ビジョン・安全方針・安全原則」は、下図に示すように「具体的な決めごと」の上位概念として最上位に位置づけられ、逸脱が許さなれないものとして全社員に教育されています。

ビジョン

会社として「最終的になりたい理想像」あるいは、「こうあるべきだという考え方」を意味します。

私たちJFEプラントエンジの社員は、社会正義のもとに、人間尊重、安全衛生・環境の確保、企業倫理の遵守を基本的な価値とします。そして、『挑戦、柔軟、誠実』を行動規範として企業活動を行い、顧客、株主、社会から信頼され、私たちが誇れる会社を目指します。

  • 私たちは、個人を尊重します。
    一人ひとりが価値を認めあい、豊かな人生の実現を目指します。
  • 私たちは、人間として成長してゆきます。
    働き甲斐のある仕事に従事し、プロとして能力の研鑽につとめ、人間として成長してゆきます。
  • 私たちは、良い人間関係を大切にします。
    強固なチームワークを築き、風通しの良い、明るく快適な職場を作ります。
  • 私たちは、災害のない職場を作ります。
    『すべての災害は防止できる』と考え、その実現に全員が取り組みます。
  • 私たちは、最高の技術力を駆使して顧客満足につとめます。
    その成果は、株主や私たち自身に顕著な利益をもたらします。
  • 私たちは、企業倫理に基づいて行動します。

安全方針

ビジョンを実現するために目指すべき方向を意味します。

安全衛生は、優良企業の根幹です。最高水準の安全文化を目指し、たゆまぬ努力を続けます。

  • すべての作業は、安全で衛生的な方法を確保して実施します。
  • 安全衛生確保のために必要な経営資源を投入します。
  • 作業方法・生産工程・商品の安全衛生・環境について継続的な改善を図ります。
  • すべての安全衛生活動は、グループ会社および協力会社と共に取り組みます。
  • グループ会社および協力会社の安全衛生確保の責任を持ちます。

安全原則

多くの事例に共通的に適用される安全上の基本的な決まりを意味します。

  • すべての災害は、防ぐことができる。
  • 一人ひとりが、安全衛生活動の成功に重要な鍵を握っている。
  • 経営者から管理・監督者まで全員に、災害防止の実行責任がある。
  • 私たちには、高い規律に基づき行動し、ルールを守る責任がある。
  • 安全衛生に関するコミュニケーションは、なにびとも対等にできる。
  • 整理・整頓・清掃・清潔は、安全衛生の第一歩である。
  • 教育・訓練は、安全衛生確保の基本的要素である。
  • 安全衛生監査を実施しなければならない。
  • 安全衛生上の欠陥は、全社くまなく、直ちに改善されなければならない。
  • 発生した災害だけでなく、災害につながると思われる不安全行動や出来事も調査しなければならない。

安全文化

安全文化創生活動の取組み

JFEプラントエンジ株式会社は、高い安全文化を構築するため、「安全文化創生活動」に取り組んでいます。

安全文化とは、平易に表現すると「誰も見ていない時でも社員一人ひとりが安全に行動する」という常に安全を最優先する組織の行動様式の体系を意味します。

本活動では、災害原因の9割以上を占める不安全行動をなくすために、“不安全行動を誘発させない安全管理”(技術ベースの安全管理)と、“働く人たちが自ら考え行動する安全”(行動ベースの安全管理)の2つの取り組みを行っています。

1.技術ベースの安全管理は、不安全行動の背景には必ず安全管理システム上の欠陥があると考え、「何が彼をそうさせたのか」という視点で管理システムの要素を改善し、何時も安全最優先がぶれることのないよう安全管理システムの運営を行うものです。

2.行動ベースの安全管理は、従来から進めてきた、いわゆる不安全行動を管理するものではなく、「自ら考えて安全に行動する人と職場づくり」を行うものです。

そして、経営者や管理者のフェルトリーダーシップ(部下から見て“私たちの上司は、私たちの安全を本心から心配して行動してくれている”と感じてもらえるリーダーシップ)の下で、全社員が、安全は最も大切であるという共通の価値観、すなわち、「ビジョン・安全方針・安全原則」に基づいて行動し、日常的にルールを守り、誰も見ていなくても安全に行動し、仲間の安全を気づかい、自然体で相互注意ができるようになることを目標に取り組んでいます。
このような取り組みを継続し、併せて安全管理システムを改善していくことによって「安全文化」がスパイラルアップし、世界一安全な工事会社が実現できるものと私たちは考えています。