要素技術

当社が保有する要素技術を活用、応用しながら、さまざまなお客様のニーズに
お応えしています。

溶接技術

溶接技術

高温かつ超大型設備の製造で培った溶接技術で、あらゆる鋼構造物を製造しています。
また、最大200tの天井クレーンをはじめ、約300台を保有しています。工場を全国6拠点に備えています。

溶接士資格

保有者数と保有する溶接資格の種類は国内トップクラス。
今後もお客様のニーズに合わせ、電気事業法に基づく溶接士や石油関連の溶接士資格者を増やしてまいります。

資格 種類 取得者数
JIS 溶接技能者 31 1333人
WES8103溶接管理技術者 3 134人
ボイラー溶接士 2 75人
電気事業法に基づく溶接士 6 31人
JPI-E種 2級 - 3人
ガス溶接作業主任者 - 35人

(2019年5月1日時点)

また、電気事業法に基づく溶接プロセス認証を取得し、お客様のご要望に基づき、製品(溶接部)認証書をお届けいたします。お客様が安全管理審査を受審される際、提出記録、審査項目を簡略化することができます。

認証基準 JISZ3400ベース基準
電気工作物の溶接部に関する民間製品認証規格(火力):TNS-S3101-2011,8.1項 溶接工場のプロセス認証
認証番号 GPC-083
溶接範囲
  1. ボイラー等、熱交換器等及び液化ガス設備に係る管の溶接部
    〔火力発電所(燃料電池発電所を含む)に係る機器〕
  2. 熱交換器等に係る容器の溶接部
    〔燃料電池発電所以外の火力発電所に係るガス及び蒸気タービン並びに蒸気機関に属する機器〕
  3. ボイラー等、熱交換器等及び液化ガス設備に係る容器の溶接部
    〔燃料電池発電所以外の火力発電所に係るガス及び蒸気タービン並びに蒸気機関に属する機器を除く〕
  4. ボイラー等、熱交換器等及び液化ガス設備にかかる容器の溶接部
    〔燃料電池発電所に係る機器〕
認証日 2018年8月7日
審査登録機関 一般財団法人 発電設備技術検査協会
溶接施工工場 倉敷事業所